千葉県柏市の鰻屋「芳野屋」の女将と店主の日記です。


by u-yoshinoya

<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

獺祭倶楽部

        今日は 風コースのご紹介です
c0098871_16215429.jpg


前菜
ふぐ皮にこごり、花わさび、新筍土佐和え
桜色の糸こん


c0098871_16263215.jpg



                お造り
              愛知の平目薄造り


c0098871_16293933.jpg


蒸し物
鰆蕪蒸し


c0098871_1631199.jpg



               油皿
        山形牛ザブトンステーキ55g


c0098871_1634281.jpg


酢のお皿
〆鯖、水蛸、ずわい蟹
白子ぽん酢ジュレ


      これに当店自慢の生蒸し鰻重がついて6000円(税別)
      昨日のお客様には「何を食べても美味しかったわ」
      と お褒めの言葉を頂戴しました。
      そ~~なんです。何を食べても美味しいんです。  ハイ(笑)
      腕によりをかけて、心を込めて作る当店のコース料理
      是非、召し上がってください。

c0098871_16521389.jpg

      先日いただいたお酒  獺祭 純米大吟醸
      すみません一人で飲んじゃいました!
   獺祭といえば昔、ある団体の新聞のコラムを担当していた時コーナーの名前を
   獺祭倶楽部としていました。このお酒の名前をいただいたわけではなく
   俳人の正岡子規がつくった出版社?的なところの名前が 獺祭書屋で
   獺はカワウソのことで彼らは餌をとってくると
   祭壇に並べるがごとく置いていく
   習性があるそうで、とりとめのないことをとりとめなく書いていたので
   そう名付けた記憶があります。まあそんなことはどうでもいいんですが、
   獺祭 純米大吟醸と~っても美味しかったです。ごちそうさまでした。 
[PR]
by u-yoshinoya | 2015-02-17 17:23