千葉県柏市の鰻屋「芳野屋」の女将と店主の日記です。


by u-yoshinoya

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トマト羹って?

梅雨の中休み、時折顔を出す太陽にへばり気味の方も多いのではないでしょうか?

そんな時にお勧めの一品をご紹介したいと思います。

トマト羹(かん)です。トマトは静岡県で研究開発されたという品種を使用しています。

このトマトは平均糖度が7度以上!(普通のトマトは5度)その甘味とジュシーさはびっくりです。

普通のトマトより一回り小さいのですが果肉にも程よい歯ごたえがあり、美味しさと栄養がぎゅっと詰まった感じです。


そんなをトマトを寒天で包んでみましたv(。・・。)

トマトの薄皮を剥き、出汁でことこと煮込みます。トマトの廻りに寒天を流し込み冷やして固まったら出来上がりです。
c0098871_1385495.jpg


冷たく美味しいトマトの甘味と酸味が寒天と程よく良く合い、この季節にぴったりの一品だと思います。

うな重を待つ間、召しあがってみてはいかがでしょうか?お勧めです。
[PR]
by u-yoshinoya | 2009-06-28 13:23

日帰りバス旅行

定休日を利用して主人と日帰りバス旅行に行ってきました。アクアラインを通って房総へ、菖蒲園見学、お買いもの市場、海の幸てんこ盛り海鮮丼をいただき、びわ狩り、酒蔵見学というコースです。

アクアラインが海の中トンネルだったことを初めて知りました、 お恥ずかしぃ・・・・・。
海ホタルから見た景色は絶景です。潮の香りを満喫しました。添乗員さんから蛯名サービスエリアにある有名なメロンパンのお店があると聞き、さっそく娘へのお土産に買いに行きました。

菖蒲園では、5000本の菖蒲は見事でした。
c0098871_1529647.jpg


が、そんな中でひっそりと咲いていた蓮の花もかわいらしく素敵でした。
c0098871_15292885.jpg

お買いもの市場には、朝取りトウモロコシを始めとし新鮮で生産者の顔が見える安心野菜やくだものがあり、主人が荷物持ちをしてくれると云うので思いっきり買い物させて頂きました。嬉しい\(○^ω^○)/


お昼御飯は海の幸てんこ盛り海鮮丼!
c0098871_15295327.jpg

板さんに聞いてみたところその日は実はお店の定休日だったらしく、バス旅行の団体客の営業のみとの事。

ちらし寿司以外のお酒のおつまみは頼めなかったのです。お酒好きの夫婦にとっては寂しい切ない昼食(´_`。)グスン

でも結構飲みましたけど・・・。


房総の旅なのにバスは街中や山道ばかりを走っていて海を見られないのも少し残念でした。

そして突然の予定変更!びわ狩りはできず、お土産にビワを4個頂きました。

お土産屋めぐりも少し飽きて来た所で、メインの酒蔵!

・・・・・・試飲だけ?あれ?うーん、どんな感じでお酒が造られているのか見てみたかったなぁ。

でもたっぷりとお酒を味あわせて頂きました♪


20時30分松戸着の予定が4時には柏に到着してしまいました。
まだまだ飲み足りない主人と私は当然の事ながら、2軒はしごをしてタクシーで帰宅。
お恥ずかしい事にそれからの記憶がなく、気が付いたら朝でした(_ _|||)


さーて、お次は何所に行こうかな(人´∀`).☆.。.:*・
[PR]
by u-yoshinoya | 2009-06-20 15:32

ヒラメが美味しい

湿気が不快な梅雨の季節になりました、然し嫌な事ばかりではありません。

前回紹介しました鱧は、この季節雨水を飲んで一段と美味しくなるそうです。

今日は常磐福島産のヒラメを紹介させて頂きます。重さは約1kg、ヒラメの仲間では小ぶりですが鮮度は抜群です。
c0098871_1344988.jpg


【ヒラメの薄造り】
c0098871_13444283.jpg


【ヒラメの昆布〆】
c0098871_1345674.jpg

としてお召し上がりいただきます。

薄造りはヒラメ本来のまったりとした食感と淡泊な味を自家製ポン酢で、手前のえんがわも美味です。


昆布〆は、昆布の香りと旨味がヒラメに程よくしみわたり、食感もしっかりとしています。


昆布シメはお通しでお出ししておりますが、お声を掛けていただければ単品でお出しすることもできます。
[PR]
by u-yoshinoya | 2009-06-12 13:52

鱧 入荷しました!

c0098871_12585399.jpg


初夏に美味しい鱧君が、大分の海から芳野屋に来ました。


首のところの傷は、生け絞めと言って鮮度を保つために生きているとき  血抜きをする為のものです。


イカツイ顔ですが眼はかわいい~かな?


鱧と言えば<湯引き>が有名ですが、当店では  鱧の焼き目造り!を紹介させて頂きます。

c0098871_132980.jpg


鱧の表面をあぶり  香ばしく、しっとりとした食感をお楽しみください。


手前の付けタレは定番の梅肉醤油、そしてお米を炒って作った炒り酒になります(人´∀`)☆


この二種類の味で、召し上がって頂きます。


初夏の鱧が二度美味しい\(^ ^)/
[PR]
by u-yoshinoya | 2009-06-05 13:09 | おいしいもの情報